Uncategorized

ご当地グルメ

静岡のご当地グルメは数あれど、今日は、おでんをとりあげます。

その名は「しぞーかおでん」。初めて聞いた時は「静岡おでん」だと思いましたが、「しぞーかおでん」も〇ローカルでやさしい感じの響きがして、いい感じです。めでたく、モンドセレクションも受賞したといいますので、B級ならぬ永久(A級)の料理です。

お茶目な私ん家の近くにも天神屋さんがあり、時々弁当を買う事に真っ黒なお風呂の中に串にささった大き目にカットされた大根や黒はんぺんが気になりついつい手を出して買ってしまうのです。

店員さんに「どれがおすすめ?」と聞くとほぼ全部みたいなので思い切って今回一杯買ってしまいました。これが夏なのに不思議とおいしい。いっぺんではまりました。(笑)

このおでん、一年で8月が最も売れるんだそうだ。 おでんと言えば冬っていうイメージだったのでびっくり。

静岡では、盆の帰省で家族が集まり、楽しいみやげ話をしながら、おでんをつついては大人はお酒やキンキンに冷えたビール、子供はサイダーかジュースで交互に胃袋に納めるのが通なんだって。

「へえ~。」日本は、国土は狭いけれど食文化は多彩!! 

今後も真っ黒な煮汁、黒はんぺん、青のり、魚のだし粉。 静岡のお盆の食文化を大切に後世へ伝えていって欲しいものです。

ちなみに私は、つゆだくでいただき、最後にご飯かうどんを入れてサラサラいただくのがグーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

当事務所の強み

2020年8月24日

意外なライバル出現

2020年8月26日