Uncategorized

なんだ?なんだ?

先日、ワーケーションなる新しい言葉が政府のスポークスマンの口から発せられた。

ワーク(働く)とバケーション(休暇)を組み合わせた造語で、休暇として訪れた旅先で仕事もこなすワークスタイルをさすものらしい。

実はこの言葉、もとは4月末ごろ小泉環境大臣が使った言葉であり、いやはや父親譲りのワンフレーズの達人である。

ふと自分に置き換えてみると、「もはや休暇でない」「やる時はやる。休む時は休むが信条」と思うこともあれば、「遊びながら仕事できるのは楽しそう」と思う自分もあって何とも中途半端な感じがし、結論は先延ばし。

7/22~7/26にかけて新しい試みとして新宿御苑で広大な芝生の上に大型テントを設置し、Wi-Fi、電源完備の屋外型ワークスペースを作り、リモートワークを試す実験が行われた。

 その後もう一度考え直してみて私の出した答えは、「旅の先々で毎週のように事件に巻き込まれ解決する名探偵コナンじゃあるまいし、休む時はしっかり休んでエネルギーを充電し、お客様に喜んでもらえる仕事をしよう。」という結論に達した。

今後、色々な新しいワークスタイルが誕生するかもしれないが、経済優先より人にやさしい世の中になって欲しいし、次代を担う子供たちに希望と勇気を与える世の中となって引き継ぐことが今を生きる私たちの使命ではないかと感じるのは、私だけではないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

敵は我にあり・・・

2020年7月31日