Uncategorized

会社設立について

行政書士の仕事の一つに会社設立の業務があります。

会社というと株式会社、合同会社、合資会社など色んな形態がありますが、定款、発起人の議事録、取締役就任承諾書、払込証明書等は、権利義務・事実証明に関する書類にあたるため、行政書士が作成のお手伝いをすることができます。

 ただ、会社設立の最後の流れとなる登記申請書の作成は、司法書士か弁護士に限られるため、登記手続きについては、司法書士さんと連携し、一緒にお手伝いをすることになります。

このように、お仕事の内容によっては、行政書士だけでできること、他の士業と一体となってできることがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

行政書士の業務

2020年8月3日

ビザについて

2020年8月5日