Uncategorized

国内でも

国内でもワクチンに関する新たな取り組みが見られる。 

大分大学では、ファイザーやモデルナワクチンを改良したレプリコン

ワクチンの開発に向けた治験が開始された。 これまでのワクチンは

スパイクの遺伝子を体内に入れ体内でスパイクを作成しウィルスが入

ったと勘違いした身体が抗体を作るが、改良版は、体内でワクチンが

自己増殖するため、従来よりも少量で効果が得られるというもの。

 このmRNAワクチンが実用化すれば、お茶目も2回目に少し現われた

副反応の軽減、接種のスピード化、ワクチンの安定供給といった相乗

効果も期待できそうだ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

やっと!!

2021年9月24日

ピンチ

2021年9月28日