Uncategorized

熱中症の症状

どうやら今年の梅雨明けは、延びそうな感じですが、先週の続きで熱中症にかかると、どのような症状があらわれるかまとめてみました。

めまい、立ちくらみ、顔のほてり、筋肉の痙攣やしびれ、足がつる、倦怠感、吐き気、頭痛

こんな症状があらわれたら、早めの受診をおすすめします。

◎熱中症で亡くなる人の割合

80歳以上が47.8%、65歳~79歳が33.7%と高齢者の比率が高い。

◎どこで発症するのか?

高齢者は、自宅での発症割合が高い。

適正な室温管理、換気、水分補給、健康管理で熱中症にかからないよう気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

熱中症予防には

2020年7月17日