Uncategorized

行政書士の業務14

土地や建物等の賃貸借や金銭の消費貸借を行う場合は、内容を書面に残すことで

後々の紛争予防になります。

行政書士は、契約書類の作成や、発生したトラブルについて協議が整っている場

合は、合意や示談書等の作成も行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

行政書士の業務13

2020年12月8日

行政書士の業務15

2020年12月10日