Uncategorized

遺される大切な家族のために

人は、生を受けてから、色々な経験を経てやがて家族を持ち、またそのステージで色々な想い出を紡ぎます。ずっと、不老不死であれば良いのですが、現実はそうもいきません。

元気で健康なうちに、遺される大切な家族のために、遺言書であったり、エンディングノートを作成しておくことは、その後の親族間のトラブル防止に有効です。

お茶目な行政書士小林有事務所では、「相続 遺言、エンディングノート作成」など終活に関する業務相談を承っています。

ご不安を解消すべくお客様に寄り添うようアドバイスいたしますので、お気軽におたずねください。 https://www.gyouseikoba-you.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

体が覚えていた!!

2020年6月2日