Uncategorized

遺言書を遺した方が良いケースパート2

3.内縁の妻に財産を残したい

内縁関係には、遺産相続の権利がない。よって内縁の妻に遺産を残したい場合は、遺言書は必須となる。

4.相続人に法定相続分と違う割合で相続させたい。

遺言書の中で、遺言者の意思や想いを盛り込むことになる。遺言書のほかに民事信託も有効

5.ゆかりの人や団体に財産を寄贈したい。

遺言書に遺言者の意思や想いを盛り込むことになるが、寄付の場合には、寄付先に対する事前確認が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

気になる乗り物

2020年6月12日