Uncategorized

7つのコツ

今日は、遺言書を作成していくうえでの7つのコツについて書いてみたいと思います。

1.まずは、何より準備が大切

人、財産、それを補足する資料を集める事。 戸籍、住民票、金融資産、登記簿謄本、車検証など

2.遺言執行者の決定

自分より年少者で、健康な方が望ましい。 複数の遺言執行者を指定するのもおすすめ。

3.付言を残す時は慎重にする

家族への感謝の気持ちを書く。恨み言は書かない。後でトラブルとなる可能性がある。

4.万一に備える。

受遺者が、自分より不幸にして早く亡くなった場合、誰に引き継ぐかを記載する。

5.確実に発見、執行されるよう保管する。

遺言執行者、相続人、受遺者に遺言が届くよう気を配る。

自筆証書遺言法務局保管制度の活用、公正証書遺言

6.メンテナンスも大切

遺言は、遺言者の死亡の時から効力を生ずるため、遺言作成から死亡まで通常タイムラグがある。年に一度はチェックし、内容に変更がないか検討の事

7.モデルチェンジする

自筆証書遺言を作成した時は、より実効性の高い公正証書遺言にモデルチェンジするのが無難。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

意外なライバル出現

2020年8月26日